STCファンタジー

拍手、いいね、ありがとうございます!
心の中の目標である10拍手を頂けてもうどうしようかと思っております。
うわあうわあ……!!

どうもこんにちは。saiです。
しれっと登場人物紹介を更新いたしました。
特にノエルやメアリーの紹介をまだ書いていないのがずっと気になっていたので
やっと更新できてスッキリ!あとは円卓の騎士を更に追加しました。

それから、当ブログでは重要案件のご連絡。
ストーリーの中で回想部分や独白部分などは分かりやすいように斜字にしているのですが、
最近斜字にならなくなった、っていうかフォントがメイリオになってね?と思ったので調べてみたら、
当方のブラウザがGoogle chromeだからだということが分かりました。

(勿論、chromeの設定でフォント設定は変えられます。即ゴシックに戻しました)

なので、chromeをお使いの方でフォント設定をメイリオにしていらっしゃる場合、
こちらのストーリーがおそらく非常に読みづらくなります。
メイリオ表示非推奨であります。

ちなみにGoogle chromeのフォント設定の変更方法ですが……ざっくり書きますと
ツール>設定>画面下の「詳細設定を表示」>ウェブコンテンツの「フォントをカスタマイズ」

標準フォントから固定幅フォントまで4種類ありますが、私はすべてMS Pゴシックにしました。

メイリオはぬるっとした綺麗めフォントなので、読みやすくはあるのですが斜字にできない欠点が……。
(英字はできますし、ちょっといじると日本語も斜字っぽくさせることができるようです)

以上、重要なお知らせでした。
追記からくだらない企画です。

スポンサーサイト

2017/03/11 12:35 |murmurCOMMENT(0)  

#27 「首飾りは愛する人へ」



2017-03-04_11-14-10.jpg

イーサン:
「…………」

2017-03-04_11-50-28.jpg

いつ見ても見事な力だ

2016-12-17_20-44-56.jpg

2016-12-17_20-46-26.jpg

随分派手にやったな。まずは一人、か

2016-12-17_20-46-01.jpg

2016-12-17_20-45-41.jpg

イーサン:
……誰かと思えば、お前か

2016-12-17_20-47-26.jpg

露骨に嫌な顔をしなくてもよかろう。別にお前の敵でもあるまいし

イーサン:
味方でもない

フハハッ!私はお前のことを気に入っているのだ。いつでもお前の身を案じている

イーサン:
冗談を言いに来たのなら、闇へ帰れ

私をそう無下に扱うと後悔するぞ。
本家でもお前のその態度が癇に障ると騒ぐ者がいるものでな、親切に忠告に来たのだ


イーサン:
ほう

誰のことかはおおよそ見当が付くだろう

イーサン:
親父だろ?予言者たちを死なせたからだな

『わざと』であれば、当たり前の話だ。
彼らはお前にとって数少ない、助けとなる者たちだった。
確かにお前は父を凌駕する力を持ってはいるが、
惜しいことにその身の運命だけは見えないからな


2016-12-18_10-59-32.jpg

イーサン:
死んだところで、同じようなのはいくらでもいる。
未来が多少見えるだけ。少しぐらい減っても大して変わらない


ふむ。冷淡だな

イーサン:
白々しい奴だ。お前に言われたくはない。
助言に現れたふりをして、俺を眺めて楽しんでいるだけだ。
どうせ俺の先が分かっているくせに


お前と同じように、退屈で仕方ないからな。人間観察は退屈しのぎにちょうど良い

2016-12-18_10-59-47.jpg

さて、この屍は私が引き取ろう

2016-12-18_10-55-21.jpg

イーサン:
構わない。だが、何に使う?

眺めて楽しむ

イーサン:
余計なことはするな

フフフ。そろそろ私は退散するが、お前はどうする?

イーサン:
……しばらくは帰るつもりはない

2016-12-18_11-02-17.jpg

そんなにあの女は良いものなのか?よほど気に入っているのだな。
こんな立派な屋敷まで作り出して。
あの首飾りを持ち出す者はせいぜいお前ぐらいだろうと思っていたが、
全くお前という奴は昔から何を考えているのか分からんよ。
今、本家の者が血眼になって探し回っているぞ。
危険を冒してまで手に入れようとしたのは退屈だからか?それとも……


イーサン:
どうしようと俺の勝手だ。本家に置いていても、誰が使う物でもない。
美しい物は、美しい者の元にあるべき。
穢れたあいつらが持つべきものじゃない


2016-12-18_11-02-30.jpg

忘れるなよ、イーサン。お前にもその穢れた者たちの血が流れていることを

2016-12-18_10-59-05.jpg

2017-03-04_11-49-09.jpg

イーサン:
「たかが農夫の分際で……」

#01 「ブリジットが小さかった頃」



ウィロー・クリーク
ブルック・バンガロー

2017-01-15_10-00-36.jpg

「サマンサちゃんのところのお嬢ちゃん、大きくなったなあ」

2017/01/15 14:57 |stop the clocks (extra)COMMENT(0)  

感無量

2017-01-14_11-21-29.jpg

ジェイコブ:
「俺はもう……感無量だぜ……」

私も感無量です。
どうもこんにちは。拍手ありがとうございます!!
今年は10拍手目指しましょうか……?と言っても叶わなさそうだからやめとく!
追記で続き!

2017/01/14 14:19 |murmurCOMMENT(0)  

#03 「新春対決」



2017-01-05_11-27-32.jpg

ブリジット:
「ルイス、忙しいのに来てくれてありがとう」

2017-01-05_11-22-04.jpg

ルイス:
「いやー、全然忙しくないよ。結構ぐうたらしてるもんだよ。
特に新年を迎えると余計にね」

サマンサ:
「新年早々、来るなんて知らなかったからびっくりした。
どうして来たの?」

2017-01-05_11-19-40.jpg

ルイス:
「どうして来たの!?おいおい、酷いな~、サマンサ。
実はね、ブリジットから俺のファンのために是非来てと連絡があったもんでさ、
このお誘いを受けたんだ。俺も暇だったからすぐ飛び付いたよ。
久しぶりにブリジットとサマンサにも会いたかったし」

2017-01-05_11-34-16.jpg

アーサー:
「…………」

2017-01-05_11-39-03.jpg

ケイト:
「チェスチャンピオンが来てくれるなんて本当にびっくりよ。
私、セイウチ・ブックスのジャーナリスト、ケイト・マルグリーズよ。
よく取材させてもらってるわ」

ルイス:
「ああ!セイウチ・ブックス!?参ったな。今日はプライベートで来てるんだ」

ケイト:
「何にも報告しませんから、ごゆっくりどうぞ。
まずはアップルパイ、良ければどうぞ、召し上がって」

ルイス:
「おっ、俺、ツイてるなあ。頂きます!」

 | BLOG TOP |  NEXT»»