スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ロックヴォイスを持つ男

オラの相棒であるalec。今週はきっと相手をしてやれることだろう…。というかむしろ私が相手をしてもらうようなもんか。また、というかまだというか笑、リフcの練習。これが終われば練習曲に入れるものを、なかなかクリアできないんだよな~…。

時間がある時にalecやその他機材についてのレビューを書いてみようかな。
私の文章より、サウンドハウスの購入者レビューを見た方がよっぽどためになりますが…。

別に回し者ってわけじゃないが、サウンドハウスって安いよね~。助かります^^楽器屋とえらい違いだぜ。過去記事をご覧になると分かりますが、私はほんの少しでも経費削減につなげようとベース以外はネットで安く買いました。ネットと言えど楽器屋で買うと高いのでサウンドハウス。送料がどうしてもかかってしまうのがネックですが。でもその送料込みでも楽器屋より安い!ピックすら安い!笑

なんだかぐっと寒くなりましたね~足元が寒い。
そんな今夜のお勧めはthe strokesのフロントマン、ジュリアン・カサブランカスのソロアルバムを。天性のロックヴォイスで歌う彼ですが、笑顔が可愛い。ジュリアン単独インタビューでファンへのメッセージをと言われ、にこっと笑う表情が素敵。クロスビートの小冊子にも笑顔のジュリアンが写っており、やはり可愛い。笑顔がまぶしすぎるんだぜ!ジュリアン!

ソロ作品ってそれぞれのメンバーの見えなかった個性が出て面白いですね^^
ストロークスでは生音で勝負していましたが、シンセ導入してますね~。ソロだからこそできるってやつか。
自由って素晴らしい!笑


フレイゼズ・フォア・ザ・ヤングフレイゼズ・フォア・ザ・ヤング
(2009/11/04)
ジュリアン・カサブランカス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2009/12/16 20:22 |musicCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。