異次元空間

先日兄が買ってきたシガー・ロスのアルバム。
私にとっては全く専門外のバンドである…。雑誌でさらっと読む程度で、あまり、というか全然知らにゃい…。さあ、うぃきってみよう。こういう時こそ奴の出番である、ぞ…。

シガー・ロスはアイスランド出身のポストロックバンド。
ポストロックってのは…先に述べたが専門外である。要するにロックする(?)ギターやベース、ドラムなどなどを違った目的で使用し音を奏でる。説明が難しい…。ポストロックバンドと言われているバンドをたくさん聴いていけば大体は理解できるかも。

でも、シガー・ロスのアルバム「アゲイティス・ビリュン」・「()」の2枚を聴いてみて、ぱっと浮かんだのがradioheadの「Kid A」だった。(←ファンに殴られるのを覚悟の感想…)

とにかく音の余波がすごい。
ていうかもはやロックの域を超えてる。トム・ヨークもそうだが、何か違うことをやってるというか、次元が違う感じを受けた。そもそも英語じゃないので何を歌っているかも分からず、造語もありで今までの音楽に対する考え方を少し変えてくれる、そんなアルバムでした。

こういうアルバムは有給休暇を多めに取って、じっくり聴いてみたいなあ。
しかしタイトルが読めない。
「()」がタイトルってのも凄い。むむう。


アゲイティス・ビリュンアゲイティス・ビリュン
(2001/10/03)
シガー・ロス

商品詳細を見る



()()
(2002/10/29)
Sigur Ros

商品詳細を見る


スポンサーサイト

2010/12/12 11:11 |musicCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |