スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

一瞬

名称が各団体によって違うので何と呼んで良いのか分かりませんが…。
気象庁が「平成23年東北地方太平洋沖地震」と命名した、地震。
3.11とも表現されているみたいですね。11という数字は不吉なのか?

皆様、ご無事でしょうか?
twitterなどで安否はそれとなく確認いたしましたが…お怪我などされていませんでしょうか?

私、地震発生時は職場にいました。
ちょうど3時の休憩前だったので、時計を見て「もう3時か…はええ!ってか仕事、やべえ!」と慌てふためいていた(繁忙期なので)。

微妙な揺れに真っ先に気がついたsai。
先輩方も気が付き、それと同時に揺れがだんだん激しくなってきてデスクの下に隠れるかどうするかという話になり、「ていうか外だ!!」という結論に至り全員全力で外へ。

揺れがさらに激しくなる。
時間でいえば3分ぐらいか…?相当長い時間揺れたと感じたし、初期微動から主要動に移るまでが長かった。

余震が何回もあったが、そのたびに全員外へ避難。しかし早退などはせず普通に仕事して帰る(…まったくうちの会社は…)。震源は少なくとも自分のところではないと思ったし、震源近くは大丈夫なのか?と思った。会社ではTVが見られなかったのでおとなしく帰宅。

家に帰ったらもう既にTVが付いていて、津波でめちゃくちゃになった映像を目にする。言葉が出なかった。信じられなかった。夢でも見てるのかと思った。壊滅して静まり返った街で船の汽笛なのか警告音なのか分からないが、それが鳴り続けている映像が不気味だった。

計画停電で街が真っ暗になったり、放射能がどうのと言っていたり…
まるで戦争だ。

いつもの様に文章がまとまっていませんが、
自分にもできることがあったら少しでも力になりたいです。

亡くなられた方々に御冥福をお祈りいたします。




スポンサーサイト

2011/03/20 21:31 |murmurCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。