傑作に会った

『おもひでぽろぽろ』観ました。
ジブリはひっさびさだったけど、良いね。
小学生の時何となく観てみたかったのだけど、年月は流れて今日に至った。

大人になった主人公が姉の夫の親類の家に向かう中、小学5年の頃の記憶が甦る話。
地味な話だけど、それがまた良い。ネタバレになるから詳細は書きません(ただの手抜きじゃ)

「ああ、あったねそういうの」というところがたくさんあって、
観ていて非常に胸が苦しくなる笑。





そして、画がとても美しいです。構図も。
高畑監督作品は色使いが何となく淡いというか優しいというか。
…気のせいでしょうか。シロウトなのでよく分かりません。
レンタルしたけどブルーレイで欲しくなりました。


スポンサーサイト

2013/07/30 20:39 |murmurCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |