#23 「芸術家たち」

サマンサ:
何も知らないアリシアは、今日という日に限って、
他の皆が寝てしまった後に帰ってきたのだった


アリシア:
たでーま!!すっかり遅くなっちまったい!(大声)」

2016-01-31_13-45-19.jpg

2016-01-31_13-46-47.jpg

「さーてと、熱意が冷めないうちにちょっくら作業すっか!」

2016-01-31_13-52-11.jpg

「……え…?」

2016-01-31_13-52-32.jpg

「何、これ…」

2016-01-31_13-47-30.jpg

2016-01-31_13-59-28.jpg

「………このタッチは…………まさか………」


「「嘘ーっ!?」」

ウィンデンバーグ
サウススクエア・コーヒー

2016-02-14_11-38-13.jpg

2016-02-14_11-35-57.jpg

アリシア:
「いやマジマジマジ。あたし気を失いそうになっちゃって。今朝挨拶したんだけど、ろくに顔合わせらんなかったし!」

2016-02-14_11-36-26.jpg

オリビア:
「超羨ましい~!!イアンが越してくるなんて、あたしもカフェに絵飾らせてもらおうかな」

2016-02-14_11-37-03.jpg

スカーレット:
「というか何でまたルームシェアしようと思ったのかしら?お金なんていくらでもあるわけでしょ?
何か理由があるの?」

2016-02-14_11-39-46.jpg

アリシア:
「だよね!それ、アパートの全員言ってた!でも、誰もツッコめないわけよ」

2016-02-14_11-37-24.jpg

オリビア:
「あたしはもうそんなんどうでもいいから絵のモデルになりたい…イアンのためなら脱げる、あたし…」

アリシア:
「まーた始まった…」

スカーレット:
「放っておきましょう…」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |