むう…

…最近フランツ・フェルディナンドの"take me out"聴きまくってます。苦手なのに笑
でもこの曲はなかなか好きだぞ私。相変わらず全体的には何が良いのか分からないけども。

どうでも良い報告だけど、頼んだフェンダーのハードケース、海外から取り寄せになって1.2か月かかるみたい。ベースを取りに行く時にハードケースでがっちり確実に持っていきたかったんだけど、しょうがない。……あのソフトケースで持って帰るのか…。アレなにげすごく痛いんですが…。全然ソフトじゃないよアレ。あの材質?繊維?がちょうど首に当たってこすれて痛い。私の身長もあるのかなあ。それにベースだから、ギターよりも大分でかいんだよね。ミディアムスケールでもやっぱりでかいもんはでかい。買った時、店のウインドウに映ったベースを背負っている自分を見て笑ってしまった。頭からネックが生えてるみたいだもの(爆笑)これで身長が180ぐらいあれば格好良いんだろうな…。身長せめてあと10cm欲しい(よくばり)てか、歩くとき前のめりになって歩いてしまう。お、重い…肩痛い…っていう。もはやこれ修行としか

とにかくオラわくわくすっぞ!(黙れ)

さてさて。
ちょっと今日は最近気になる新人アーティストについて少し。ロッキング・オンに載ってたtwisted wheel。記事によると、オアシスから気に入られており、ザ・ジャムにジョニー・ロットンが参加して歌っているような感じらしい。フーとか、ブラー、リバティーンズなんかの影響も見られるようで、UKロック好きなら安心して聴いていただきたい、とのこと。

フーが絡んできたら聴かなきゃならんだろう、ということでゆちゅぶで聴いてみた。…んー…。記事には「新しさ」はないと書いてあったけど、確かに新しいものはない。何も。ぴん!とはこなかった。なんだろね、なかなか「うおお!?」って衝撃を受けるバンドっていないんだよね。邦楽だけじゃなく、今の洋楽ロックシーンにもね。60年代70年代辺りみたいに、ガツンと一発後頭部にくらう衝撃がさ。他人の真似じゃ駄目なんだよねきっと。

でも紹介(ぇ)。聴いてないけど載せておきます。どうやら先月アルバムが出たばかりのようです。あまりぴんとはこなかったけど、まだ新人さんなので、これから何があるか分かりません。


驀進!ツイステッド・ウィール!!(期間生産限定盤)驀進!ツイステッド・ウィール!!(期間生産限定盤)
(2009/07/22)
ツイステッド・ウィール

商品詳細を見る








スポンサーサイト

2009/08/20 19:55 |musicCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |