スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

#16 「婚約」

ウィンデンバーグ
シュリーキング・ラマ

2016-03-19_13-42-32.jpg

アーサー:
「といったわけで婚約したよ」


ジェイコブ:
「おめでとさん。お前も遂に、か……。やっぱ俺らのサプライズがでかいな!」

2016-03-19_13-39-57.jpg

アーサー:
「はいはい、サプライズどうも」

2016-03-19_13-40-23.jpg

イアン:
「何?サプライズって?あ、マスター、ルートビア・フロート3つね」

アーサー:
「えっ(…いっちゃえいっちゃえ!とか言ってたくせに本当に何にも覚えてないんだこの人!)」

2016-03-19_13-44-08.jpg

ジェイコブ:
「式の招待状も送ってくれてサンキューな。お前の割には行動が早いんじゃねえの?」

アーサー:
「じゃないと親戚が大勢集まってきて困るんだよ。俺はもっとこじんまりとしたいんだ」

ジェイコブ:
「はあ、ベラミー家が本気で集まると何人になるんだ?
お前ん家って一軒だけじゃねえんだろ?」

2016-03-19_13-43-15.jpg

アーサー:
「うちは各地に散らばってるから……。
俺も把握してないけど式場の関係もあるから1000人は集まると思うけど」

ジェイコブ:
「結婚式に1000人!?正気かよ」

アーサー:
「だから嫌なんだよ。案の定その流れになりかけたけど阻止できて良かった」

2016-03-19_13-41-49.jpg

「ところでそっちは?サマンサはどうしてる?お前ここにいて大丈夫なのか?」

2016-03-19_13-42-57.jpg

ジェイコブ:
「ああ、予定日もそろそろだからな。とにかく今はワクワクして待ってるよ」

2016-02-14_10-54-19.jpg

「ついこの間まで『ギリギリまで仕事する!』って鬼の形相で出勤してたがな。
普段のあいつはおとなしいが仕事になるとまるで人が変わっちまうんだ。
命扱う仕事ってのもあるんだろうけどな」

アーサー:
「(サマンサってやっぱ凄いな)」

ジェイコブ:
「お前の結婚式の頃には子どもも生まれて落ち着くだろうからサマンサも出席できるぜ。
……そうだ、イアン。お前はどうなんだ?俺、アーサーに続きお前も続いたら良いよな。
この間の休暇の時はすげえアリシアに教え込んでたじゃねえか。
あいつとは良い感じか?」

2016-03-19_13-44-45.jpg

2016-02-13_18-11-00.jpg

アーサー:
「そうそう。あのアリシアが急に大人しくなるから助かってるよ。
あいつ、いつもイアンのことばっかり話してるよ、嬉しそうにさ」

2016-02-13_18-12-25.jpg

2016-03-19_13-44-39.jpg

イアン:
「え?僕?良い感じも何も、もう僕は結婚してるよ。
アリシアはね、僕には描けない世界を持ってるから、手助けしてあげたいだけさ」

2016-03-19_13-45-10.jpg

ジェイコブ:
「そ、そうか。早かったんだな、結婚……ハハハ…
(……すげえ曇りなき眼)」

アーサー:
「(アリシア、泣くな……)」

ニュークレスト
ヒルサイド・ハイランド

2016-04-03_7-16-17.jpg

アリシア:
「こ、婚約ゥ!?ゲホッ、ゲホッ!ゲホ!!」

ケイト:
「ちょっと、あなた大丈夫?」

2016-04-03_7-17-29.jpg

「すごく素敵ね。うっとりしちゃったわ。だって幼馴染と結婚。
そんな話、なかなかないもの」

ブリジット:
「いやあ、それほどでも。サマンサにも連絡したんだけど、電話が音圧で揺れたんだよ!
赤ちゃんが出そう!って!」

2016-04-03_7-19-03.jpg

アリシア:
「アハハ!!そりゃ予期してたとはいえ、そうっすよ!
あたしも個人的スクープになるかなと思って追ってたんだけどね~~、
サマンサとブリジット両方追うのって無理ゲーだよ」

ブリジット:
「おう?……むりげ?」

ケイト:
「じゃあ、家はどうするの?どこへ住むのか決まってる?」

ブリジット:
「えっと、式後まではお互い準備があるから今のままだよ。
本当はアーサーのご実家に住むのが慣例らしいんだけど、彼が猛反対して。
今のところは私の家かな」

2016-04-03_7-20-18.jpg

アリシア:
「お~!ていうかアーサーも出てくのか、このアパートがらっがらじゃんね?
ま、いっか!二人が幸せなら!ぐすっ、幸せになれよ!あー!結婚式楽しみィィィィ!」

ケイト:
「ちょっと!静かにしなさいよ」

2016-04-03_7-19-46.jpg

ブリジット:
「アリシアは?イアンとはどう?」

2016-04-03_7-19-37.jpg

アリシア:
「あ、あたしっすか!?あたしのことよりもケイト姉さん、どうなのさ」

ケイト:
「私に振るのね?ずっと連絡つかないのよ。どこで何してるんだか。
はい、話終わり。あなた、どうなの?」

2016-04-03_7-20-06.jpg

アリシア:
「あのね!イアン大先生はあくまでも憧れであって、そういうのとは違うの!
だから好きになっちゃ駄目!今、本気で教えてもらってるんだから!」

ブリジット:
「ふーん?」

ケイト:
「(というか、彼の場合……とっくに結婚してそうなのよね……)」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。