スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

#07 「おてんば娘」



2016-05-04_12-07-56.jpg

ウィロー・クリーク
ブルック・バンガロー

「良い!?ブリジット!」


2016-05-04_12-09-15.jpg

「今日はスカートをはいてるってこと、忘れないでね!
座るときは足を閉じて座るの。それから、男性には、ただ可愛らしく微笑んでいれば良いんだから。
くれぐれも飛び蹴りなんてしちゃダメよ!」

2016-05-04_12-08-33.jpg

2016-05-04_12-09-28.jpg

「……ちょっと、ブリジット、聞いてるの!?」

2016-05-04_12-09-52.jpg

ブリジット:
「聞いてます聞いてます!大丈夫だよお母さん!心配しないで!」

2016-05-04_12-12-21.jpg

「もう二度と流血騒ぎなんて起こさないで!」

ブリジット:
「はい!了解しました!お母さんの言いつけが一番ね!じゃっ!」

2016-05-04_12-11-13.jpg

「ちょっ、本当に……」

2016-05-04_12-13-41.jpg

「本当に分かってるの!?あっ、ブリジット!待ちなさい!」

ブリジット:
「今日遅くなる!」

2016-05-04_12-15-21.jpg

「ブリジットは?もう行った?『ママの言伝』、ちゃんと聞いたかい?」

2016-05-04_12-15-48.jpg

2016-05-04_12-16-17.jpg

「もう全然無駄だわ。何言っても」

「ハハハ。ブリジットは威勢が良いもんなあ」

2016-05-04_12-16-54.jpg

「感心しちゃダメ、あなたがそんなだからブリジットが自由すぎちゃってるんだから。
サマンサちゃんを見てよ。女らしいでしょ!うちとは大違いでしょ!」

2016-05-04_15-57-25.jpg

「うっそれは確かに……」

「あそこまでとは言わないけど、もうちょっと抑えてほしいわ。
警察官になりたい!ってボクシングまで始めてるし……」

2016-05-04_15-49-16.jpg

「アーサー君とも仲が良いんだし、女の子らしくしてもらわないと本当に困るわ。
それに、もし、もしよ。アーサー君がブリジットに…………告白、とかなんてしたら」

「ワハハハ!!アーサー君とは、ただの冗談だろ?
うちのおてんば娘がまさかあんなところのお坊ちゃんと付き合えるわけないさ」

2016-05-04_12-19-14.jpg

「そうだけど、どうやらアーサー君の方がい・た・く!ブリジットを気に入ってるみたいよ。
だってね……聞いてよ。ついこの間まで手紙のやり取りしてたみたい」

「手紙?」

「机の上にずーっと置きっぱなしだったから、うっかりてっきりちゃっかりがっつり読んじゃったのよ……。
アーサー君、惚れ惚れするほど字が綺麗だったわあ~~~~。
実にその文通期間6年間!!
アーサー君がアリッドリッジ校にいる間ずっとよ。ずっと!信じられる!?
クローゼットの中まで開けて見ちゃった」

「ええっ!?勝手に読んだのか!それはちょっとどうかと思うよ、君」

「一通読んだら他も見たくなってつい。
今日だってライブのお誘いを受けたんですって。大丈夫かしら?」

2016-05-04_15-19-57.jpg

「へええ……弾幕用意しないとな」

「ブリジットもアーサー君のことが好きみたいだけど……飛び蹴りなんてしないかどうか心配。
この前もあったじゃない?」

「アレは、ほかの子が痴漢に遭ってたのを助けたんだろ?ヒーローだ。
正義感が強いんだよなあ、ほら、去年なんか、自分のお小遣いのほとんどをナントカ基金に
寄付してただろ?なかなかできることじゃないよなあ」

2016-05-04_15-22-47.jpg

2016-05-04_12-14-16.jpg

「だから感心しちゃダメって!ヒーローじゃなくて、どうせならヒロインになるべきよ。
男性はアーサー君みたいに皆聖人君子じゃないんだから……
いつか危ない目に遭いそうで」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。