スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

#10 「若きアーサーの悩み」

2016-05-14_7-39-12.jpg

ルイス:
「あの2人やたらお似合いじゃないか」


2016-05-14_7-36-12.jpg

サマンサ:
「でしょ!」

ルイス:
「もしかして、恋人同士?」

サマンサ:
「うーん……よく分からない。恋人ってなると微妙かな」

2016-05-14_7-37-48.jpg

ルイス:
「なるほど!状況は理解した!
だからか〜。彼の突き刺すような視線の理由は。
微妙ってことは、つまりは良い仲なんだろ?ブリジット、やるなあ。
王子様のハートを射止めるとは!ただのおてんばな女の子だと思ってたよ」

2016-05-14_7-37-18.jpg

サマンサ:
「あはは。でもね、なかなか進展しないんだ。一生あのままかも」

ルイス:
「そうなのか。ふーん……。ブリジットは積極的かなって思うけど案外そうじゃないのかな」

サマンサ:
「何て言ったら良いかな?ブリジットは積極性の方向が違うっていうか」

ルイス:
「ハハハ、何かうん、分かる気がする。ところで、彼はチェス強い?」

2016-05-14_7-38-42.jpg

サマンサ:
「?うん、凄く強いよ。プレイしたことあるけど、あなたくらい強いかも」

ルイス:
「おー!そうかそうか。なら俺に良い考えがある。キューピッド役として、ちょっと協力しようかな!
こんなのはどうだ?」

2016-05-14_7-37-01.jpg

サマンサ:
「…………え、それ大丈夫かなあ?かえって……」

ルイス:
「大丈夫だよ、平気平気!俺の時もこんな感じだったしさ。恋愛もチェスも、二手三手先を読まなくちゃ!」

2016-05-14_7-40-43.jpg

サマンサ:
「でもルイス、アーサーに嫌われるよ?」

ルイス:
「いやもう既に敵視されてるっぽかった!でも、俺がウィロー・クリークの川に浮いてたら察してくれよな」

サマンサ:
「やめてよルイス!怖いこと言わないでよ!」

ルイス:
「ハハハ!半分冗談……」

2016-05-14_7-39-52.jpg

ブリジット:
「サマンサ、ルイス?もう、黙って出て行ったでしょ」

2016-05-14_7-41-35.jpg

サマンサ:
「あ、ブリジット。話は終わった?」

ブリジット:
「うん」

ルイス:
「ブリジット、俺そろそろ帰るよ」

2016-05-14_7-42-51.jpg

ブリジット:
「え~!もう帰っちゃうの?」

2016-05-14_7-42-11.jpg

ルイス:
「さっき連絡来ちゃったもんで。帰らなくちゃ。今日は楽しかった。誘ってくれてありがとな。
じゃあまた!」

ブリジット:
「バイバイ!また大学でね!」

2016-05-07_15-16-55.jpg

「……サマンサ。
アーサーってあんなに歌が上手かったんだね」

サマンサ:
「そうだね、ギターも。どこで覚えたんだろう?アリッドリッジで演奏なんてできたのかな?」

ブリジット:
「クラスメイトとこっそりCDを聴いて耳コピした、とは手紙に書いてあったけど…。
私すっかりアーサーのバンドのファンになっちゃった。
メインボーカルの女の人も低めの男前なボーカルで素敵だったし、
アーサーが歌ったとき一緒に歌ってた、もう一人の男の人もアーサーの声とすごくマッチしてた」

2016-05-15_14-17-11.jpg

「ツインボーカルってどうしても声が浮き気味になるじゃない?全然そんなことなかった。
歌声が似てるのかなー?ツインなんて忘れて、自然に聴けてた。
ね、良かったら今度から一緒にサマンサも行こうよ!」

サマンサ:
「うん。ブリジットが一緒ならまた行きたい」

2016-05-14_7-07-04.jpg

「(あの時……)」

2016-05-14_7-07-20.jpg

「(ギターの人と目が合っちゃった……)」

2016-05-14_7-05-14.jpg

2016-05-15_14-20-55.jpg

「(また会えるかな)」

ブリジット:
「サマンサ?」

2016-05-15_14-16-38.jpg

サマンサ:
「あっ、な、何?」

ブリジット:
「アーサー、何かいつもと違う気がしたんだけど気のせい?」

サマンサ:
「(気のせいじゃないよ多分)
怒ってる感じ?きっとルイスがいたから嫉妬してるんだよ」

ブリジット:
「嫉妬?アーサーがルイスに?何で?」

サマンサ:
「(うーん……この辺り鈍いんだよなあ)」

ブリジット:
「ていうかさっき話してる間ね、サマンサも気付いた?彼、どことなく虚ろな感じがした」

2016-05-15_15-00-41.jpg

2016-05-15_15-00-56.jpg

サマンサ:
「あー……どうだったかな。今日は初めて大勢の人の前で歌ったから体力使い果たしたんじゃない?」

ブリジット:
「そうかなあ。何か違うような気がしたの。具合でも悪いのかな。
聞けば良かったけど、間に知らない女の子が入ってきて聞けなかった。
凄い勢いでね。アーサーこれから更にモテモテになっちゃうね!
さ、ルイスも帰っちゃったし私たちも帰ろっか!」

2016-05-15_14-18-13.jpg

サマンサ:
「(うん、この分だとしょうがない。一か八か、ルイスの作戦に乗ってみよう)」

2016-05-07_18-42-02.jpg

2016-05-15_15-25-21.jpg

リアム:
「やっと抜けられたか。呪縛から」

アーサー:
「呪縛って……でも、大変だったよ。一回抜けられたと思ったんだけど、また捕まっちゃって。
ジェイコブが助けてくれたけど……あれ?ジェイコブは?」

2016-05-15_15-26-02.jpg

リアム:
「…………」

2016-05-07_18-43-58.jpg

ケイト:
「もうあの人の行動パターンには慣れないと。いつも通りよ。
動きが早いでしょ」

2016-05-07_18-40-13.jpg

2016-05-07_18-37-47.jpg

「この後誰かを選んで遊ぶんでしょうね。私たちはもう慣れっこよ」

2016-05-07_18-39-08.jpg

リアム:
「慣れたくねえ。あいつは置いて先に帰るぞ、アート」

2016-05-07_18-44-12.jpg

2016-05-15_15-29-19.jpg

アーサー:
「(ブリジット、あの人は君の彼氏なのか?
聞いておきたかったけど、どうしても口に出せなかった。
答えを聞くのが、怖いから)」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。