スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

#20 「迷える魂」



アーサー:
ブリジット、君は知らなかっただろ?俺をこんなに悩ませてたことを。
君の自由奔放な行動は、いつも俺の心を掻き乱す


2016-05-28_18-15-29.jpg

約束の対局前夜も、君のことを考えていた

2016-05-28_18-15-16.jpg

リアム:
「どうした?最近ずっとその調子だな。またジェイコブに言われるぞ」

2016-05-28_18-14-07.jpg

「『考える人』だってな」

2016-05-28_18-14-19.jpg

アーサー:
「心配かけてごめん。でも、少しだけ一人にさせて。今下に行くから」

2016-05-21_9-52-02.jpg

「(チェスか……あいつのチェスが見たくて、来るんだろうか。ブリジットは)」

2016-05-28_18-13-08.jpg

「(ブリジットにとって、俺はどんな存在なんだろう。
手紙を交換してただけの、ただの『友達』でしかない?単なる幼馴染に過ぎないのか?
俺は…君の周りのクラスメイトたちと何一つ変わらない、一人なのか?
じゃああの手紙は?あのやり取りは?俺はできるなら、ブリジット、君のことを信じたい)」

2016-05-28_18-12-05.jpg

「(もしあいつが俺を叩きのめす気でいるのなら…こっちもそのつもりだ)」

2016-05-28_18-12-41.jpg

「…………。
(よし。下へ降りるとするか)」


2016-05-29_8-13-26.jpg

リアム:
「イライラしてるな」

2016-05-29_8-13-08.jpg

アーサー:
「ああ。とても」

2016-05-29_8-14-23.jpg

リアム:
「吸えよ」

2016-05-29_8-17-53.jpg

アーサー:
「ああ」

2016-05-29_8-24-02.jpg

「……あ、でも今俺持ってないや。持ってる?」

2016-05-29_8-28-50.jpg

リアム:
「じっとしてろ」

2016-05-29_8-28-00.jpg

2016-05-29_8-42-51.jpg

2016-05-29_8-30-27.jpg

2016-05-29_8-30-43.jpg

アーサー:
「……。面倒くさがりだな、リアム」

2016-05-29_8-36-12.jpg

リアム:
「…………」

2016-05-21_9-49-43.jpg

アーサー:
「リアム、いつも心配してくれてありがとう」

2016-04-17_18-15-14.jpg

「俺、明日予定があるから、寝るよ。おやすみ」

2016-04-17_18-14-53.jpg

リアム:
「ああ。ゆっくり休め」

2016-04-17_18-17-28.jpg

2016-04-17_18-17-40.jpg

2016-05-29_10-58-25.jpg

2016-05-29_11-16-21.jpg

アーサー:
「う、ん…………」

リアム:
「!」

2016-04-24_14-35-23.jpg

2016-05-29_11-17-52.jpg

2016-05-29_11-31-53.jpg

2016-05-29_11-13-13.jpg

「……………………」

2016-04-24_14-40-21.jpg

ジェイコブ:
「あーあ!良い風呂だった」

2016-05-29_12-00-49.jpg

2016-04-24_14-47-33.jpg

リアム:
「!」

2016-05-29_11-46-46.jpg

「……ジェイコブ」

2016-04-24_14-46-07.jpg

ジェイコブ:
「あ?」

リアム:
「今、俺は…人の道を外すところだった。感謝するよ」

2016-05-29_11-59-20.jpg

ジェイコブ:
「はあ?つかお前何してんだ。アーサーのお守りか?
それとも、これからお前も遊ぶか?アーサーも寝てることだし良いだろ?」

リアム:
「一人でやれ」

2016-05-29_11-59-43.jpg

ジェイコブ:
「お前最近やけに硬派じゃねえか。良いけどよ」

2016-05-29_11-14-29.jpg

「…なあ。こいつさ、俺たちみたいなのと一緒にいて良いのか?
いつも普通普通って言ってるが、普通って漠然とした言葉じゃねえ?
俺たちにとっては普通でも、こいつにとっては普通じゃねえし。
第一、俺たちは全然普通じゃねえよ。まともじゃねえ」

リアム:
「……ああ。普通じゃない」

2016-04-17_18-15-25.jpg

「(少なくとも、俺は)」

2016-04-17_18-15-53.jpg

ジェイコブ:
「普通であることが一番難しいんだ」

リアム:
「そうだな。だが、こいつの本来いる世界は俺達が窺い知れるところじゃない。
俺達には到底分かりえないことだ。アートには、アートしか分からないことがあるんだろう」

2016-05-29_12-40-35.jpg

ジェイコブ:
「確かに。俺たちがとやかく言う問題じゃねえな。
それに、俺が一番心配しているのは…アーサーが言っていた、『円卓の騎士』。
その12人、アーサーのことを探してるんじゃねえか?
まさか俺たちを殺しに来るんじゃねえだろうな。かくまってるかなんかで勘違いされて」

リアム:
「だとしたらとっくに殺されてるさ。ただ、時々どこからか、視線を感じることがある。
監視はされてるかもな。気のせいだと良いが」

2016-05-29_12-41-00.jpg

ジェイコブ:
「そう思いたいぜ」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。