#01 「ブリジットが小さかった頃」



ウィロー・クリーク
ブルック・バンガロー

2017-01-15_10-00-36.jpg

「サマンサちゃんのところのお嬢ちゃん、大きくなったなあ」


「子どもの成長は早いものね。ついこの前までハイハイしてたのに」

2017-01-15_10-00-54.jpg

「今のところ、サマンサちゃん似かな?」

「そうねえ。でも、意外と旦那さん似かもよ。どちらにせよ、とっても良い子ね」

2017-01-15_10-55-28.jpg

「サマンサちゃんは、あのぐらいの頃から大人しかったわね。ブリジットと違って。
もうどこから差が付いたというのかしら……最初から持ってるものなのね、きっと」

2017-01-15_10-43-24.jpg

「サマンサちゃんのママから聞いたけど、
サマンサちゃんはお話しもよく聞くし、絵本も丁寧にめくって読んでたんですって。
だから、今でも読んだ絵本が綺麗に残ってるって。
うちみたいに破いたり、落書きしたり、ブーメランとして使ったりしないのよ」

2017-01-15_10-01-13.jpg

「ブリジットにもあんなちっちゃい頃があったっけ。
手がかかるほど可愛いって言うけど……毎日くったくただったよな、僕ら。懐かしい。
よちよち歩きになってから、あちらこちらと……どこ行ったかいつも探してたな」

2017-01-15_9-52-16.jpg

「歩けるようになるのが早かったわよね。この家周りはブリジットの探検地帯だった。
何でも拾っては口に入れようとするから、変な物置いておかないように気を付けてたわ。
じっとしててねって言っても、言った瞬間消えてるんだから。あなたも野放しにしてたし」

「まあ、好きなように遊ばせるのが僕の子育て信条だったからな」

2017-01-15_10-01-02.jpg

「よく私たちの目を盗んでは外に出て……覚えてる?
今でも寒気するわ。ブリジットが道路に向かって歩き出した時!」

2017-01-15_10-01-19.jpg

「ああ~……昨日のことのように思い出せるよ……」

2017-01-15_12-07-47.jpg

『ブリジットー!』

2017-01-15_11-55-00.jpg

『おっかしいな?おーい、ブリジット~!
……またか……。ちょっと目を離すとこれだ。
やれやれ、うちのおてんば娘ちゃんは今回は一体どこにお出かけしたのかな……』

2017-01-15_12-03-24.jpg

って、ひええええええええ!!

2017-01-15_11-30-18.jpg

『我、内の世界を拒み、遂に外の世界へと羽ばたこうとせんとす、か、
ブリジットめ、お主なかなかやるな!
しかしいくら何でもそっちは駄目!父は止める!』

2017-01-15_11-30-54.jpg

2017-01-15_11-32-47.jpg

『――いや、待てよ。この距離を考えろ』

2017-01-15_11-31-41.jpg

『ブリジットは今、初めて踏みしめるアスファルトの感覚を入念に確認し、堪能している……。
そんな中、父が軽々しくダッシュなどしたら……』

2017-01-15_12-31-19.jpg

『ここはそ~っと……』

2017-01-15_12-32-23.jpg

『よし、つ・か・ま・え・た!ぞ!ブリジット!』

ブリジット:
『ぷひー!』

2017-01-15_12-33-29.jpg

『ぷひーじゃないだろ、危ないだろ~?全く。
はい、冒険ごっこはおしまい』

ブリジット:
『ぴきー!』

『ぴきーでもありません!駄目駄目、もうおしまい!』

2017-01-15_12-34-44.jpg

『もう父に黙ってお外に出ないように!』

ブリジット:
『にひっ』

『出る気……だと言うのか……ブリジットよ……!?
良いぞ~そっちがその気ならその度に何度でも父はお主を止めてみせよう!』

2017-01-15_12-34-58.jpg

2017-01-15_12-36-01.jpg

ブリジット:
『ぽぴ……』

2017-01-15_14-50-50.jpg

「――そんなことがあったな。ヒヤッとしたよ、いや本当に」

「何事もなくて良かったわ」

「それはそうと、ブリジットほどでないにしろ、微妙に受け継いでないか?
あの何にでも興味を示すところ」

「ん?誰が?」

2017-01-15_14-50-36.jpg

「誰が、じゃない。うちのブリジットのアー……」

「駄目、それ以上言っちゃ。まだこの話、先が長いんだから。
私たちの賢くて可愛すぎる孫のアーネストのことは言っちゃ駄目よ」

「言ったよね今、完全に言っちゃったよね今ね」

2017-01-15_14-51-01.jpg

「良いじゃない、そのうちどうせ出てくるんだし。この際何だって良いのよ」

「君……」

スポンサーサイト

2017/01/15 14:57 |stop the clocks (extra)COMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |