スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

【キャラ語り】サマンサ編

2016-06-19_15-32-57.jpg
このSSは昨年の6月に撮ったもの。SS撮らなすぎワロタ

先日は誕生日でした。
つぃったではフォロワーの皆さんからたくさんのおめでとうリプ&DM頂きました。
回避したい年齢になってしまったのにとても幸せだった……!ありがとうございました!!

今年は一つの節目ということもあり、私も自分へのプレゼントをいくつか用意しました。

・新しいGP
言わずもがな。良いタイミングで発売された。まだほとんど遊べていない。
公式のニュースも読んでいない。
そのため具体的にどんなのか分かっていませんが、とにかく日常系の追加ものは非常に嬉しい^^

・マッサージ
前回記事で言った憧れの英国式リフレクソロジーのお店でハワイアンロミロミというマッサージを
受けてきました。オプションでアロマも付けたので優雅……と思いきや、
変な汗が出るほど痛かった……イタ気持ち良いと書いてあったけど痛いの方が先行していた
やはり私は上半身が疲れすぎているらしい。知ってる。

・貨幣セット
おそらく学生時代の友人に話すと爆笑されることうけあい。
夏目漱石の貨幣セットを予約していましたが、ちょうど届いた。
今吾輩は猫であるを再読している。漱石って意外と読んでいる人が周りにいない。
何だよ皆読もうよ何してんの皆……笑

そして昨日は誕生日パーティーとしてイタリアン酒場に行きましたが、
柄にもなく誕生日だからとティラミス頼んだらサービスでジェラート頂きました!
木苺のやつすっごく美味しかった!( ;∀;)

こんなにお祝いして頂いたからには今年頑張らねば……!

病院の問診票に早速年齢を書いて「ウッ」と来たのは内緒。
もう20代って言えないのね……(寂)


追記からキャラ語りだよ!


2017-06-03_6-58-16.jpg
ブリジットとは対照的に、おしとやかなサマンサ。しかし大人しい人ほど……

サマンサ。
彼女と言うと、性格よりなにより真っ先に皆さんおっp……ゴホン。
……を挙げると思います。今回は彼女をクローズアップ!ブリジットより長いので注意!
あとお色気注意!笑

サマンサはウィロークリークにある、中産階級の家庭に生まれました。
(ブリジットの家も典型的な中産階級の家庭)

彼女の職業は医師。専門は循環器(循環器内科)です。
両親はどちらも医師、そして母方の祖父は名医で有名。(この辺りは話に出てきていませんが)
先祖代々医師の家系という環境で、当然のようにサマンサは医師を目指すことになりました。

周りから強制的に医者になれと言われたわけではありませんが、
サマンサの意志の強さはこうした環境の中で育まれたのかもしれません。

2017-06-03_6-53-34.jpg
「鬼手仏心」。サマンサにぴったりの言葉です。
彼女のバイタリティにはアーサーも一種の尊敬の念を抱いています


恋愛も何もせず、ひたすら勉学に励んだ甲斐あってウィロークリーク大学の医学部に入学します。
(しかし彼女なら恋愛していても志望校へ入ることができたでしょう)

そんなクソ真面目サマンサ、このままクソ真面目な人生の平坦な道を
クソ真面目にまっすぐ歩き、特にときめきも何もなく医学一筋に人生を捧げるように思われました。

ところがそんなある日、人生を変える出来事が。

幼馴染のアーサーが入ったバンドのライブをブリジット、ルイスとともに行くことになりました。
そしてステージに立ったジェイコブを見るや否や……好きになってしまいました。

2016-05-07_15-58-31.jpg
サマンサは「目が合った」とドキドキしていましたが、実際はジェイコブは観客の女の子を物色・吟味中でした

今までライブになど行ったことのないサマンサ。
知らない世界へ足を踏み入れたことは色々と衝撃的だったに違いありません。
ただあの時は「ちょっと良いな」って思っただけ。
それに、何だか現実味*があまり感じられない……。

*アーサーが加わって大きな話題になったとはいえ、
メジャー契約をしているビッグバンドではありませんでした。
しかしサマンサにとっては同じことです。



バンドが解散してしまってからはもう会えないかな、と忘れかけていたら……
何と!運命の神様のいたずらか、シェアハウスで再会。
落ち着きあるサマンサでも心が躍りました。
そして、ジェイコブの気さくでムードメーカーな一面を知るうちに、本当に好きになってしまいました。
初恋でした。

2016-05-07_16-15-39.jpg
ジェイコブはギターはGibsonのイメージがあります

しかし……。
初恋の相手がよりによってジェイコブだとは……。

2016-06-19_22-50-20.jpg
結婚後の2人

サマンサはルームメイトであるケイトたちにはジェイコブへの想いのことは打ち明けず
(最も真剣な恋バナをするようなメンバーではないが)、
片想いのままで良いと思っていました。

それでも映画を一緒に観たり、ダンスフロアデートに誘われたことは
最高に胸キュン!だったのです。

だって自分みたいに地味な子のことなんか眼中にないだろうと思っていたのに
誘ってくれたんだもの!

内心ウキウキ、ドキドキしながら、ブリジットが手伝ってくれた髪型と服を纏って、
仕事帰りにジェイコブの待つウィンデンバーグへ。

2016-06-19_22-50-35.jpg
タイプが違いすぎる2人なのに、意外とうまくいく

その初デートの後の展開はご覧の通りですが、
アレは妊娠しなかったら果たして2人はどうなっていたのでしょうか。

きっと神様がジェイコブに『汝、みだりに女人と戯れることなかれ(怒)』
と女遊びに歯止めをかけたのかも……?

2016-06-19_22-51-02.jpg
青春のほとんどを勉学に費やしたサマンサ。初恋が実って良かったね

何にせよ、できちゃった婚。相手は労働者階級で不安定な職業。
突然の話にサマンサの両親はどう思ったのか……。
その辺もストーリーに入れたかったのですが、
そうするとシーズン1の構成を大きく変えることになるのでやめました。

2016-06-19_22-51-23.jpg
たまに2人でのんびり公園デート。休みの日でも電話がかかってくればサマンサは病院へ行かなくてはなりません

そんな話は話にリアルさを醸してくれるので好きなのです。
あと追加したかった話は、ジェイコブの過去話をサマンサが聞くシーンです。

サマンサはジェイコブと初めて過ごした夜、彼の身体に付いた無数の傷跡に気が付きます。
素人目でも分かる不自然なあざ。サマンサはすぐ察知しました。
しかし、その時は何も言いませんでした。

ジェイコブも数々の女性を相手にしてきましたが、身体の傷について
真剣に突っ込んできた女性はいませんでした。

2人が結婚し、お互いの両親に話をしに行こうということになった時、
ジェイコブは初めてサマンサに自分の両親について話をします。
子どものころ両親から虐待を受けていたこと、施設で育ったこと。
身体の傷のことも包み隠さずすべて話しました。

2016-06-19_22-52-50.jpg
悲しい話を聞いた日の夜は、お互い寄り添い、抱き合って眠りました

その話を聞いて、サマンサは涙を流したのでした。

2017-06-03_6-59-29.jpg
ウィンデンバーグ生まれのジェイコブだからこそ見つけられた物件

お腹の子への影響も心配されましたが、無事出産。
大病院で働くサマンサです。生まれた娘シャーロットと過ごす時間はほとんどありません。
でも言うまでもなく、いつでも娘のことを考えています。
問題は、大きくなっていくシャーロットにそれが伝わるか?ということです。
さてさてどうなることやら。

2016-07-04_19-49-49.jpg
サマンサは怒ると口を利かなくなるタイプ。浮気なんて絶対にできません

お色気。
この2人のラブシーンですが、完全にR18の世界なのでできませんしやるつもりもありません(笑)
それにしてもこの謝り倒してる図が似合いすぎて困ります。

彼女はほぼ休みもないに等しい職業で、48時間連続勤務も当たり前。
家事はジェイコブ担当ですが、喧嘩すると……
例えば包丁でキャベツ切る時なんか無言で思いっ切り「ザクッ、ザクッ」と切ったりして、
後ろでジェイコブが顔を真っ青にする感じ。

収入の多さから言って一家の大黒柱はサマンサですからまずジェイコブは逆らえません!

2017-06-03_6-30-18.jpg
サマンサは大人しそうに見えて積極的!

サマンサなら例のセーター(しかも前開き)を着てくれるはず。
興奮(笑)するジェイコブと、焦らすサマンサ。絶対駆け引き楽しんでるぜ……。

小悪魔。

2017-06-03_6-30-53.jpg
遅すぎるお正月スペシャルの『サービス』

でもきっとこの後ジェイコブ、サマンサに飛びかかると思う。(野獣か)

スポンサーサイト

2017/06/03 12:41 |murmurCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。