賢者の贈り物

私幼稚園のころから本を読むのが好きで、幼稚園に朝来ると本読み漁ってたんだよね。本全部読破したもん。でも室内にいると大抵先生に「こらこら、外で遊びなさ~い!」って追い出されるんだよな。たまには一人の時間も欲しいことを分かっていただきたい。(生意気)

そんなわけで、今日は洋楽の話題から離れて雑談。今日は幼稚園編(?)

「うつくしいおくりもの」っていう絵本が家にあるのだけど(ちなみに原題は賢者の贈り物)、その作者の名前が思い出せなくてこないだずっと考えてた。オー・ヘンリーですね。この話は、実は大人になってからやっと意味が分かった話。

あらすじとしては大雑把だけど、恋人同士のジムとデラがお互いを想ってクリスマスにプレゼントを渡す。→それぞれのプレゼントがなんやかんやで役に立たなかった。でも、お互いが何よりも幸せなプレゼントをもらったことに気づく…というお話。(大雑把過ぎ)これ幼稚園のころ初めて読んで、まったく理解できなかった笑

絵本の一番最後に道徳の教科書風に問題があり、そのなかに「さいごにふたりがきづいたことはなんでしょう?」…実は恥ずかしながら中学生になってもよく分からんかった……もう目も当てらんねえ

大学生の時にふと思い出して読んで、やっと理解できた。これ、お互いがお互いを想いあう気持ちが、「うつくしいおくりもの」なんだよね?……え、そうじゃないの……?多分…。何か自信なくなってきた…!

余談だけれど、私の世代はセーラームーン世代らしいんだが、幼稚園の頃実はセーラームーンを知っておらず苦笑、みんなと遊ぶ時に初めて知った。てか、当時かなり友人にびっくりされたのを覚えている。「ええ!!saiちゃん知らないのおおお!!」って笑
なのでいつも役は悪役だった。いやもう悪役でも何でも良いやという感じでありました。

…テレビっ子じゃないしな、昔っから。天才テレビ君も流行ってたけど、これも知らなかった。もう完全に出遅れてた私は。教育テレビ、子どもながらに心のどこかで「アホらし…」と冷めてたから見なかったんだよね(嫌な子ども)

私の家は転勤が多かったので、組に入った時珍しがられたのかも分からないけど、お昼休みの時「遊ぼう」って2つのグループに両腕引っ張られたことある。アレは相当困ったし痛かった。今でも覚えてるもん。で、今でも付き合いがある友人がいたグループが、手を離してくれた気がするな。やっぱり私のことを想ってくれてる人が手を離してくれるのよね。うふ!(キモいから)

スポンサーサイト

2009/09/08 19:52 |murmurCOMMENT(2)  

コメント

こんばんはー

先日は、三十路ブログへのコメントありがとうございます!

いやはや。
saiさんブログは、音楽じゃない記事も楽しく読めます♪
というか、子どもの頃からクールだったんですね^^
なんか、saiさんってカッコイイ雰囲気がありますなぁ(・∀・)どきどき

No:43 2009/09/08 22:31 | アキラ #- URL編集 ]

Re: こんばんはー

いえー^^
私も三十路なんてあっという間だわ…。

おおうもったいないお言葉…;;
一応子どもらしいところはありましたが、冷めてるんですよね私は笑
実際全然格好良くないですよ、私。格好良くなりたいですが、雰囲気だけでも醸し出せてよかったです笑

No:44 2009/09/09 18:43 | sai #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |