スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

紙ジャケ文化

ベースの練習相当やったので、左手の指(特に薬指と小指)の損傷が激しいです。手触りというか、感覚が違います…。どうもこんばんは、saiです。

日本は紙ジャケ大国とよく耳にしますが、そうなんですか?海外がどうなってるのか私には分からんのだけど、日本人はそういうの好きなんですかね。かくいう私もその一人。ただ、私でいえばthe whoのように、好きで好きでたまらない~っていうバンドのものだけ欲しい。別にそこまで思い入れのないバンドのものは普通のCDで良いと思う。紙ジャケは高いしのう。

フーの紙ジャケ仕様(そしてSHM-CD)のアルバムを探してみたら、トミーは既に廃盤でした。去年出たばかりなのに…。どうやら完全生産限定だったらしい。やっぱり見かけたら即買いよね。どうせ買うんだったらSHM-CDの方が良いよなあ。

ところで、このSHM-CD。1枚も持っていないのでどのくらい普通のCDと音質が違うのか気になります。やっぱりクリア…なんでしょうね。

…とか言いつつ、買ってしまいました。the whoの1万円ボックス2つ。そのうちの1つが届きました。普通なら両方合わせて2万ですが、安く買ったのでほぼ半額のお値段♪(それでも痛い出費だけど)いやこれ、開けるの勇気が…。箱のデザインうんぬんがいまいちだと購入者の方々はおっしゃっていますが、箱というよりむしろCDの方のデザインは何とかならなかったのかと思いますね。簡素すぎでしょこれ笑

でも中身濃いですよ、これ!紙ジャケ万歳!
ファン垂涎のおまけぎっしりで、音質の良いSHM-CDのセット。これ日本独自企画だそうですが、うーん最高。企画と制作に携わった方々、ありがとうございます!そしてお疲れ様でした!泣ける。

普通のコンポで聴くのがためらわれるので、boseの高級オーディオの購入を検討しようかと思います。うちのは何かこの頃調子が悪く、ゴゴゴとか音する時があるんだよね。CDに傷がつくと困るのでまだ聴けない。聴けるのはいつだろう…(遠い目)

ってか、こんな高価な物まで買ってしまうなんて、とうとう行くところまで行った気がします……。(哀愁)もうコレクターの領域に片足突っ込んだのかしら…。なんか、そこまでは行きたくないんだよね笑

これから貯蓄期間に入ります。お誘いがあっても相当切り詰めないと遊べないし、無駄な買い物は当分控えます…。全部自分が悪いんだけど苦笑

~9/28追記~
CD紹介しようと思ったのにしてなかったです笑
the whoのアルバムはほぼあらかた紹介していたつもりだったんですが、セル・アウトをご紹介していなかった(はず)ですね。フーのアルバム中イカれたアルバム上位ランクインは間違いない。初期ですが評価が高いアルバムです。架空ラジオ局をテーマにしているのが面白いですよ。機会があれば是非!SHM-CDが出ているので、近々買おうと思います^^

ザ・フー・セル・アウト<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)ザ・フー・セル・アウト<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)
(2009/04/01)
ザ・フー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2009/09/24 20:36 |musicCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。