ミュートに挑戦

仕事人のため、休みの日しか練習できないベース。その休みすらできない日もあったりするのだけど、根気良く、地道に練習続けてます。ただ、ミディアムスケールなもんで最近ちょっと物足りないと思ってはいるが…ああごめんalec。今の嘘(じゃあ言うな)。今度買うならプレベだな。うん。色はまたサンバーストが良いかな…。それかブラック。シンプルなのが一番良い。リッケンバッカーのベース狙いたいけど値段が……。なんやかんやでまたフェンダーにしたい^^…と、色々妄想。本当私音楽のことしか考えてないよ…これってどうなの笑

さて。肝心のベース練習ですが。
ずっと脱出できなかった教則本の基礎編を終わらせたので、いよいよテクニック編へ!今回の課題はミュート。前回の練習では基礎編の最後にちょこっと予習を兼ねてやったんだけど、今一つつかめない…。ベースやってないって方はミュートって言っても分からないかもしれないですね。なんて不親切なんだこのブログ…苦笑

えっと。
例えばテレビのリモコンにも「ミュート」ってありますよね。ミュートとは、音を消すことです。「左手のミュートは休符で音を出さないようにするためのベース必須のテクニック」らしい。(教則本抜粋…笑)音を消すだけじゃなくて、弦に軽く触れてピッキングすることで弦の振動を抑えて弾くこともできるそうです。弦を抑える左手と、ピッキングする右手で行うミュートの2種類があります。

言うのは簡単なんだけど、やると案外難しいんだよな~。昔ピアノ習ってたけど、これちょっとは役に立ってると良いのだけど。…短期間だったし、真面目にやらなかったから大いに役立っているとは言えないけど…余談ですが、ベースってグランドピアノの低音と音が似てる気がする。同じことを言ってたアーティストいるけど、本当だなあ。ジョンもピアノのような音を出すことを目指してたみたいだけど、良いよね、ピアノの音。繊細で力強いところが。ショパンの「別れの曲」とかドビュッシー「月の光」は大好き^^

クラシックって、ロックとかその他色々な音楽の根源だよね。素敵で偉大な曲がたくさんあって、読書するとき、たまに聴きます。

スポンサーサイト

2009/10/24 12:00 |murmurCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |